農場実地トレーニング

GAP実践セミナー

農場実地トレーニング

「日本GAP規範」評価員教育プログラムについて


農場実地トレーニング 2016年度開催のご案内

本トレーニングでは、農場現場に赴き、実際に受講者が農場主へヒアリングを行い、"自分の目と耳"で事実を拾い上げ、その情報を元に問題点を洗い出し、それを評価するという実習を行います。さらに、農場評価実習で見に付けた技量を元に、具体的なGAP指導計画を立てる実践的な研修を行います。

【主  催】一般社団法人日本生産者GAP協会
【指導機関】株式会社AGIC(エイジック)
【受講要件】「GAP実践セミナー」または「GAP指導者養成講座」を修了した方
【定  員】10名
【受講料金】27,000円(当協会会員 19,440円)(税込)
【情報交換会】会費 4,000円
  農場実地トレーニングのプログラム
1日目9:30-16:45(受付9:15〜)2日目9:30-16:00
1 (講義1)GAP評価概論
農場評価制度と評価員の技能を学ぶ。
5 (講義)実習結果のフィードバック
実習による評価の集計結果を振返り、受講者間の違いを確認する。
2 (演習1)農場評価実習のウォーミングアップ
評価項目の確認・ヒアリング練習
6 (演習1)評価結果の振返り
評価結果について項目毎に振返り、視点・判断・根拠などについてディスカッションを行う。
昼休み 昼休み
3 (実習1)農場評価実習
モデル農場で実際にヒアリングを行う。
7 (演習2)GAP推進計画
モデル農場の評価結果を基に、地域のGAP推進のためのロードマップを立案する。
4 (実習2)評価報告書の作成
モデル農場の評価表を完成させる。
8 研修のまとめ
レポート作成、発表
≪情報交換会≫
『多様な参加者の意見交換』
 

「日本GAP規範」評価員教育プログラムについて

 当協会は、農場評価制度の適正な運用と品質の向上のため、評価員教育プログラムを提供し、評価員を育成しています。このプログラムには、GAPに関する知識および技能を習得するための研修と、評価員試験があります。