2016年度GAPシンポジウム

プログラム:2月16日(木)

農産物の輸出増大と2020年五輪を見据えた農産物バリューチェーンの構築

10:00~10:55 受付
10:50~11:00開会
11:00~12:00基調講演:
「スペインで農産物バリューチェーンを探る」

日本生産者GAP協会・理事長 田上隆一
12:00~13:00昼休憩/情報展示
13:00~14:00特別講演:
「ロンドンオリンピックの食品調達基準"レッドトラクター"」
~消費者の英国食品への信頼を回復するために~

藤原百合恵(英国在住・ビジネスコンサルタント)
  <日本で取り組まれている農産物バリューチェーンの事例>
14:00~14:40講演:
「卸売会社が取組む農産物バリューチェーン」

㈱ベジテック 碧井真
14:40~15:00休憩/情報展示
15:00~15:40講演:
「人と海を結ぶ、新大船渡魚市場の建設」

大船渡魚市場㈱ 専務取締役 佐藤光男
15:40~16:20講演:
「農商工連携による遠野まちづくりの実践」

NPO法人 遠野山・里・暮らしネットワーク・会長 菊池新一
16:20~17:00講演:
「農産物直売所から学ぶ新たな農産物バリューチェーン」

みずほジャパン 井戸英二
17:00~17:30講演:
「スペイン視察ツアー報告」

日本生産者GAP協会・理事事務局長 田上隆多
17:40~19:30『情報交換会』

プログラム:2月17日(金)

GH評価制度に基づくGAP推進体制の構築

9:00~9:10受付 
  <GH評価制度に基づくGAP推進の事例>
9:20~10:20講演:
「GH評価制度における教育プログラムとGH評価員試験について」

日本生産者GAP協会・理事事務局長 田上隆多
10:20~11:15講演:
「GAPの原則とGAP実践の法則」

日本生産者GAP協会・理事長 田上隆一
11:20~12:00事例発表:
「栃木県のGAP推進について」

栃木県農政部経営技術課 菊池克利
12:00~13:00昼休憩/情報展示
13:00~13:40事例発表:
「岐阜県稲作経営者会のGH評価への取組みについて」

岐阜県農業会議 松浦勇生
13:40~14:20事例発表:
「若手普及員とJA営農指導員によるGH評価試験への挑戦

福井農林総合事務所 農業経営支援部技術経営支援課 菅江弘子
14:20~15:00事例発表:
「生産者によるGLOBALG.A.P.内部検査の実施と販売戦略について」

静岡県温室農業協同組合クラウンメロン支所 佐野英敏
15:20~16:30『全体討議(パネルディスカッション)』
2日目発表者、司会:田上隆一
16:30閉会 

展示

プログラム


※内容につきましては、変更になる場合もございますので、その旨ご容赦下さい。
※講演内容、時間は進行上の都合により変更になる場合もございます。あらかじめご了承願います。(敬称略)