開催概要

名   称 2016年度GAPシンポジウム
日程 2017年2月16日(木)10:50-17:30 ~ 17日(金)9:20-16:30
開 催 地 東京都文京区弥生1-1-1 東京大学農学部内 東京大学弥生講堂(東京都文京区)
参加費(資料代) 主催・共催会員:10,000円
一般:15,000円
学生:2,000円
情報交換会参加費:3,000円
展示 企業等による情報展示(開催期間中)

2016年度GAPシンポジウム

主   催 一般社団法人 日本生産者GAP協会
共   催 農業情報学会
特定非営利活動法人水産衛生管理システム協会
一般社団法人GAP普及推進機構
特定非営利活動法人経済人コー円卓会議日本委員会
後   援   
事務局(一社)日本生産者GAP協会 教育・広報委員会、㈱AGIC大会事務局
対 象 者 農業試験研究者、農業普及関係者、大学・大学校、農業高校、農業生産者、農業法人、 農協、出荷組合、産直団体、農林行政機関、卸売市場、卸売会社、農産加工会社、 農産物流通・小売企業、外食企業、消費者、調査・検査・認証機関、研究機関、その他
テーマ『GAP実践と農産物バリューチェーン』
開催趣旨  世界共通の課題である「持続可能な社会づくり」は、農業の価値観も変えることになり、グローバル社会で期待される農産物の品質も変化しています。EU夏野菜の基地であるスペイン・アルメリアの農業関係者は、これまでの「姿かたち、味、鮮度」に加えて、「農産物の特性、フードセーフティー、生産方法、トレーサビリティ、環境への取組み、社会的責任などの認証」が重要な要素であると考えています。そのために行う事は、生産者に対するGAP教育と、生産組織によるGAP農場の統一的管理です。農協では、最終利益の増大という目標に向けて、生産現場を含んだ全体を統合的に管理する「農産物バリューチェーンを構築し、家族経営の枠を超えた組織としての一貫したコスト計算や、作業の機能配分の合理化などにより、「農業分野における最終利益を増大させることを目標にしています。アルメリアと同じように零細農家がほとんどの日本の農業経営体が、どうすれば農産物バリューチェーンを構築できるのか、先進事例に学び、実現の手法について議論を深めます。