2018年度GAPシンポジウム

プログラム:2月27日(水)

動き始めたマーケット

 『東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会で持続可能性が問われる中、自社の対応や仕入れ先への働きかけに大きく動き始めた農産物マーケットの実情を探る』
<サプライヤーの動き>ケータリング会社、青果卸売市場、食品加工会社、JAグループ、など

 
9:50~10:40 受付
10:40~10:45開会
10:45~17:40
準備中

  
17:40~19:30『情報交換会』

プログラム:2月28日(木)

マーケットに応える産地の戦略

 『動き始めた農産物マーケットに応えるため、GAPに取り組む産地の戦略について事例から学ぶ』 <スペインアルメリアの事例>エルヒド市農業評議員(元農業技術員)
<産地事例>JAグループの取組:JAグループ/FA(農場認証):JA、農業法人/県確認制度:JA

 
9:00~9:20受付 
9:20~16:30
準備中

  
16:30閉会 

プログラム


※内容につきましては、変更になる場合もございますので、その旨ご容赦下さい。
※講演内容、時間は進行上の都合により変更になる場合もございます。あらかじめご了承願います。(敬称略)