開催概要

名   称 2018年度GAPシンポジウム
日程 2019年2月27日(水)10:35-17:30 ~ 28日(木)9:20-16:30
開 催 地 東京都文京区弥生1-1-1 東京大学農学部内 東京大学弥生講堂(東京都文京区)
参加費(資料代) 主催・共催会員:10,000円
一般:15,000円
学生:2,000円
情報交換会参加費:3,000円
展示 企業等による情報展示(開催期間中)
出展社 募集中 お問い合わせください。
定員200名

2018年度GAPシンポジウム

主   催 一般社団法人 日本生産者GAP協会
共   催 農業情報学会
一般社団法人GAP普及推進機構
特定非営利活動法人経済人コー円卓会議日本委員会
後   援 全国農業協同組合連合会
事務局(一社)日本生産者GAP協会 教育・広報委員会、㈱AGIC大会事務局
対 象 者 農業試験研究者、農業普及関係者、大学・大学校、農業高校、農業生産者、農業法人、 農協、出荷組合、産直団体、農林行政機関、卸売市場、卸売会社、農産加工会社、 農産物流通・小売企業、外食企業、消費者、調査・検査・認証機関、研究機関、その他
テーマ『東京2020で動き始めた農産物サプライチェーン』
    1日目テーマ「動き始めたマーケット」/2日目テーマ「マーケットに応える産地の戦略」
開催趣旨  日本では農産物の輸出促進のためにGAP農場認証を促進する政策が推進されていますが、国内の農産物サプライチェーンでは未だGAP農場認証は取引要件になっていません。そんな中で「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」では、組織委員会が目ざす持続可能な社会への貢献のために、大会に係る食料およびその原材料を供給する農業者にGAP農場認証の取得や公的機関によるGAP農場確認を求められることになりました。
 これを契機に日本の多くの農業産地や農業者がGAPの管理水準を向上させ、結果として国内の農産物サプライチェーンからの信頼を確保できれば、オリンピックレガシーとして日本農業の振興に貢献することになります。
 本シンポジウムでは、東京2020の食料調達基準を満たすサステナビリティ(持続可能性)とフードセイフティ(食品安全)に取組むケータリング会社、青果卸売市場、食品加工会社、JAグループなどの取組の実状を探ります。そして、国際水準のマーケット要求に応えるGAP戦略を展開する農業法人やJAグループ、産地を支援するJAグループGAP支援チームなどの取組について議論を深めます。また、特別講師として欧州最大の夏野菜産地スペインのアルメリア県から、エルヒド市農業評議員(元農業技術員)を迎え、GAP認証制度への世界で最初の取組みについて学びます。